12月, 2015年

2015年しらいピアノ教室発表会♪

2015-12-02

11月8日(日)しらいピアノ教室発表会を光が丘ドルチェホールにて開催しました。たくさんの方にお集まりいただき感謝です。
年少さんから60才代の幅広い年代の生徒の方たちがそれぞれに多忙の中、発表会に向けて準備してきました。
生徒の皆さんそれぞれのピアノ経験や年齢により多少の差はあるのですが早い方は夏頃より準備にとりかかりました。今年の参加者はソロと連弾での参加が課題です。お相手はそれぞれに自分で見つけて、お父さま、お母さま、お友だち、先生などと連弾しました。

PT370001
発表会後に寄せていただいた感想文は、よい経験になった、楽しく参加できたなどの反応でまずまずよかったのかなと思います。私の中では反省材料たくさん今後の課題もたくさんなのですがこの経験を今後につなげていきたいと思います。
たくさんの方にご参加いただきありがたいことですが会場が手狭になり、立ち見になってしまった方も、皆さまにご不自由をおかけしてしまいましたこともお詫び申し上げます。
次回の会場を検討中です。お客さまをたくさん呼んでいただける場所を準備したいと思っておりますので楽しみにしていてくださいね。
生徒の皆さん、保護者の皆さま、応援してくださった方々、ありがとうございました。

SN3U0577



「アレンジワークショップ」へ行ってきました♪

2015-12-02

ピティナアレンジワークショップその2その3へ行って来ました。
10月29日はワークショップの第2回目
講師はピアニスターHIROSHI先生
エンターテイナーでお話もお上手でピアノ演奏がスゴくて楽しくあっという間の時間でした。
この日のお題は“自分流”のススメ?一手間加えて、あ!れんじぐるめ♪
レンジでチン!するだけのお手軽メニューも、一手間かければ一層、自分好みのテイストに早変わりするのと同じで、既成のアレンジ譜にも”自分流”の工夫を加えれば、納得のピアノ・サウンドが♪ ピアニスターHIROSHI先生 十八番の”メドレー作りの極意”も含め、すぐに実践可能なアイディア満載でした☆

当日のテキストはHIROSHI先生の
『ザッツ・ピアノ・エンターテイメント ピアノで人を笑わせる方法、伝授します』
『続 ザッツ・ピアノ・エンターテイメント ピアノでもっと人を笑わせる方法、伝授します』yamahaでした。
その中からも数曲弾いて下さいました。HIROSHI先生の演奏、とてもカッコイイのですが楽譜にその通りに書いてないのです。
先生曰く、楽譜を出すときできるだけやさしく書いて下さいと言われているので、楽譜は中級程度のアレンジ。あまりいろいろ書いてません。その通りに弾きたい方は耳コピして下さいとの事でした。HIROSHI先生のアレンジと演奏はすごかったです。しかしもしそのまま楽譜に全部書いてあったら音符を読んで弾くのは大変かもしれません。やはり私自身のアレンジもステップアップしていきたいものです。
また同時にアレンジされた楽譜をどのように演奏するかもポイントだなと感じました。思いを音にして楽譜にして、しかし音符に書ききれないところがたくさんあると思います。アレンジと演奏両方にまた課題がたくさんみつかりました。

先生は他にもたくさん弾いてくださいました。ピティナのセミナーなので私たちは最後にレポートを書いて提出することになっています。書く時間もBGMに弾いていていてくださって、私はつい耳がそちらに向いてしまい中々書けませんでしたが…。終わり時間になってまだ書けてない方、もっと私のピアノを聴きたい方と言って演奏を続けてくださったHIROSHI先生でした。

11月26日ワークショップ第3回目
講師は小原孝先生でした。本日のお題は続・小原孝流ピアノよ歌え!アレンジ&演奏法♪
あなたがアレンジした作品は、相手の心に届いていますか?想いを伝えるアレンジのための、そしてあなたが手掛けたアレンジ作品をもっと美しく演奏するための「ピアノよ歌え!」です。
今回のワークショップも先生のレクチャーと参加者のアレンジ作品の演奏と先生のアドバイスレッスンです。

まずアレンジは自分でアレンジしたものを弾く、アレンジされた楽譜を使ってさらにアレンジを加えて弾くことがあるとのお話がありました。どうアレンジするかとその演奏法がポイント
本日のポイントはアレンジしてくれたものをいい形で伝えるには…です
アドバイスレッスンは「愛の讃歌」のアレンジと演奏、小原先生の「逢えてよかったね」の連弾アレンジと弾き語り(デュオ)でした。
本日のテキストでもある先生の本
小原孝のピアノ詩集~愛の讃歌~yamaha を使っての受講生の演奏もありました。
先生はレコーディングは楽譜はなく即興的に、楽譜はあとから採譜することがほとんどだそうです。ワークショップで、楽譜を見ながら演奏を聴きました。先生のアドバイスに演奏者が+αした部分とを聴き、演奏が変化していきました。アレンジの良さを決定するのはアレンジのよさだけでもなく、曲のクォリティだけでもない演奏者に半分かかっていると言えるなと感じました。またポピュラー音楽では楽譜の通りに弾かないということにもつながるのかなと思いました。
HIROSHI先生小原孝先生共に、楽譜とCDにサインをしていただきました♪貴重な勉強機会となりました。何らかの形で次へ繋げていきたいと思います。


歌声サロン♪

2015-12-02

11月29日歌声サロンを開催しました

80才代~60才代のご婦人4名30代女性男性、2才の男の子と幅広い年代の方たちが集まってくださいました。音大時代の声楽の友人Tちゃんに来てもらい進行していただき楽しい会になりました。

SN3U0573

SN3U0572   ⇒みんなで体操しました

初めに声が出やすい体操を皆でしました。2才のYくんはみんなの体操に合わせて即興でポンポンとピアノをたたいて伴奏してくれました。
歌い手さんならではTちゃんが”ウォーミングアップのあれこれ!”をやってくれました。
なるほどと思ったので一部書いてみます。

まずは顔マッサージしましたよ。
頭から鼻、頬、耳、首筋、鎖骨、腕、デコルテをモミモミしましたねー。
他に「あいうベー体操」というのがあって
口を大きく、あ、い、う、と開けて
最後にべーーーで
ベロを思いっきりだす。
それなりに口を開けて声も出してやるのが効果的なので、私もやりながら皆さんのを見ていましたらけっこうなお顔でしたね。恥ずかしがってはいられない(笑)
これの効果は、唾液が出やすくなる、のどの筋肉がほぐれる、お顔の筋肉も鍛えられ、リフトアップ効果?!
舌の位置がグッと上がるそうです。

他にも簡単な呼吸法の練習。
鼻から2秒でいっぱい吸って、口から8秒で吐く。これを10回。
均等に8秒で吐ききるのがポイント!
息が余っても、足りなくなってもダメ。
意外と難しく3回目位でコツがつかめてきました。

参加者の方から質問で音が高くなるとき“あ”“え”の言葉の時は大丈夫だけど、“う”の時に難しい、どうしたら上手く歌えますか
とあり歌のTちゃんのワンポイントアドバイスを聞いたり、お手本を聴かせてもらったり、私たちが用意した中から次々歌いたい曲のリクエストがあり、おしゃべりもあり、和気あいあい、あっという間にお時間が過ぎました。Tちゃんと私で7曲ほど用意した中から

SN3U0570
本日の歌は
ふるさと
もみじ
いい日旅立ち

でお時間となってしまいました。
歌は準備した曲を全部歌いきれなかったのですが、これやりたい!って言ってくれる方がいらしてよかったです!
あと、最後に皆でふるさとを二部で歌いました。二部バージョンの楽譜を準備したつもりで当日見たらなかった…
により、みんなでハモりを耳で覚えてハモってみました!Tちゃんがきれいなソプラノでお手本を聴かせてくれてマネをする。
その場で必死で覚えるっていい刺激かもしれません。そしてハモれたらちょっとした達成感も味わえて、記憶力のトレーニングにもいいかもしれませんね、脳トレ!
Tちゃんは『初見だったので、すごいワタワタしました(笑)』と言っていましたがとてもきれいな声で素敵でした。

アンケートも書いていただき、今後歌いたい曲のリクエストは?でお一人だけ
「北風小僧のかんたろう」がありました。また次回もやりましょうで(1年後でなくなるべく早い時期に)お開きとなりました。

お集まりくださった皆さまありがとうございました。またのご参加お待ちしております。


Copyright© 2012-2018 しらい音楽教室 All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com